加盟店舗でいずれもの契約カードが使用可能なわけでもない▽クレカ会社の加入店舗は多くの場合多くのクレカサービスに加盟していますが、残念なことに全部のお店で全てのタイプの契約カードが使用可能なわけでもありません。

一例をあげれば以前からある契約店舗の際だとJCBの入っているそのクレジットカードしか切れないときもあるしこの頃の契約店舗なんかではVISAとマスターのマークの入ったもののみしか使えないときもあります。

銀聯なんかのカードだったらさらに切れない状況が増えると思います。

どのようなクレジットカードが決済可能かというのをいかなる方法で判断するといいの「だったらどのような方法で何のロゴの所有カードが切れるかを確かめたらいいものか?」という質問ですが確実に確かめるためには該当店舗の店員にお見せしてみる以外ないていうのが正直なところその回答です。

とはいえたいがいの売り場やショッピングセンターには店舗前のドアのところとかに切れるクレジットカード会社の案内が入っているステッカーが付けられているんで、「ああ、その店舗はJCBが使えるのね」といったことがわかるようになってるため安心していただきたい。

しかしながら、しっかりと案内が行き届いていないお店の場合には印が貼り付けられている場合でも「ここでは何々カードはお受けいたしかねます」などという案内をもらってしまうなどという状況もあるので、頭が真っ白になってしまうこともなくもないですね。

贅沢をいえば可能な限りはより多くの店舗でクレジットカードが使用できるようにする目的で、異種の印(国際ブランド)がプリントされている一般的なVASA、MasterCard、ダイナーズアメリカンエキスプレスカード、といったクレジットカードを2枚以上契約するようにして欲しいと思います(例えば:セゾンカードをすでに持っているならもう一枚は銀聯カードがついているクレカを財布に入れておく等)。

特に国内では、VISA、MasterCard、JCBの3つのブランドが書いてあるクレジットカードを常時使えるようにしておけばだいたいすべての加盟店で3枚のうちどれかのカードを渡すことができます。

クレカを契約して効率的にマイル取得を継続していくには、できる限り早めにこれらのカードを使えるようにしておいていただきたいと思います。

Copyright © 2002 www.gladyslara.com All Rights Reserved.