車の事故は自分だけで起こした事故と自分以外が関わった自動車の事故があります。ハーブガーデンシャンプー

あなただけの事故の場合は、あなただけで処理をするだけで終了しますが第三者に影響を与えた車の事故はどちら側にどの割合でミスが存在するのかを調査して、その結果によってマイカーの修復の費用や示談金等が決められますので自動車の保険会社の人と一緒の協議が必要です。

大多数の事故の場合それぞれになんらかの落ち度がある場合が一般的でどちらか一方だけの過失を問うという状態は多くありません。

もちろん赤信号無視や一旦停止無視等はかなり重大なミスになりますが、被害を受けた人であっても間違いがあったと指摘されます。

車の事故の時にはどの運転手の過失が原因かという判断がとても大切にされるのでこれを当事者に分かりやすく表した基準が『過失割合』なのです。

一例として、先ほど登場した信号を無視してしまったり一時停止しなかったケースでは道路交通法の規則上相手の人が10割責任があると考えますが、この状況で事故の原因になった車が正面からこちらに向かってきていて自分の目で確認された場面だと事故の被害者でも注意不足があるとして1割ほどの落ち度があると認められるかもしれません。

言うならばその状況では事故を起こした相手が9割、事故に巻き込まれた自分が1割割合と結論付けされ責任が大きな側に手落ちが問われる事になります。

また事故の割合過去の事故判例を基準に決められる状況が往々にしてあり日弁連の交通事故相談センターから公にされている基準などが目安として使われています。

この過失割合の、数値が高ければ高いほど過失、要するに賠償しなければいけない額も大きくなると考えられるので事故に関する話し合いは事故に巻き込まれた人だけでなく自動車の保険屋さんの担当者を加えて冷静に話し合うことが不可欠です。

Copyright © 2002 www.gladyslara.com All Rights Reserved.