実際にPCのディスプレイの前で、つねに動いている市場を見ると何となく売買をせずにはいられなくなる衝動に影響される人も多いと思います。

だが、なんとなく勘でエントリーすることだけは、絶対にしてはいけません。

ご覧の通り、外国為替市場は四六時中いつでもどこかの為替市場が変動しているしレートもいかなる時でも、変動している。

だからといって、何度も売買を積み重ねると、その分マイナスになる率が上がってしまいます。

無論、エントリーの回数を積み重ねる事で、トータルで勝ち負けの確率か五分五分になります。

でもそれは「はっきりしない思いつきで注文」してしまうこととは別問題です。

注文回数を積む事の意味は、自分が「ここだ!」と考え付いた機会を得た状態での注文回数を増やすという事を意味します。

格段の理由がなく、ひっきりなしに売り買いをするのとは明らかに違います。

相場の戦いに負けないためには、自ずから主体的にけじめをつけることこそが肝心です。

「ここだ!」と考えた市場の時には覚悟を決めて保持ポジションを多くして、意識して利益を追求する。

「何となく難しい為替相場で、どう上下するのかわからないな」と思い至った時は、執着しないで所有ポジションを全部諦めて放置します。

それぐらいのけじめをつけた方が結果的にエントリーは儲けられます。

外国為替相場の金言には「休むも相場」というものがあります。

本当にその通りだと思います。

為替とはいつもポジションを所有する事が全部ではなく、ポジションを所持せず何もしないことも時には、FXです。

じゃあ、いつ、休む必要があるのでしょうか。

ひとつは、前述の通り、現在の為替相場がしっかりとよく見えない時。

円高になるのか、それとも円安になるのかがわからないような時は何も考えず行動すると、自分の考えたシナリオとは逆の方向に為替相場が向ってしまい、損する事になってしまいます。

こういう時はポジションを0にして何もせずに見ているだけが良い方法です。

もうひとつの場面は、あなた自身の体調が変なときです。

体調とマーケットに関係しないと考える方もいますが実は影響を与えます。

コンディションがあまりよくなければ、外国為替市場の失敗できないところで必要な決定ができない。

気分が乗らない時は、市場から離れてみるのも必要な事です。

Copyright © 2002 www.gladyslara.com All Rights Reserved.